かおり★おかき『エル・カエル・デル・アンヘル』

山像 かおり&秋之桜子の日々徒然、BLOG   
by hagoromo-1011
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今年のKAORIのお知らせ♪♪
ランキング参加チュ★
ポチッとボタンを♪♪♪
人気ブログランキング

CoRichブログランキング

にほんブログ村 演劇ブログへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・
■かおり&桜子情報■
山像かおりについては
文学座プロフィールへ
秋之桜子については
山像&秋之プロフ

【2017年の予定】

椿組2017年夏・花園神社野外劇に西瓜糖メンバーで参加します。作・秋之桜子 演出・松本祐子
出演 奥山美代子&山像かおり 他、沢山の豪華客演陣と椿組の皆さん!
プロデューサー:外波山文明/協賛:西瓜糖
「ドドンコ、ドドンコ、鬼が来た!」
●2017年7月12日(水)〜23日(日)12回公演。
●新宿花園神社境内特設ステージ
詳細は下記に随時更新!!
椿組BLOG
西瓜糖糖BLOG

★17年!秋!羽衣1011復活!★
10月25日から29日まで
新宿三丁目SPACE 梟門にて
「すみれの花、サカセテ?」
作・秋之桜子 演出・郷田ほづみ
出演はもちろん
山像かおり&渡辺美佐
詳細はまたこちらにて

■羽衣1011HP■
羽衣1011
羽衣1011
熟女!?二人芝居ユニット
『羽衣1011』
山像かおりVS渡辺美佐+秋之桜子


■■羽衣携帯サイト■■

■他・関連HP■
■文学座HP■
■Back Number■

カテゴリ
山像&秋之のプロフ
かおり*かふぇ
桜★子の住処
Voice/Voice/Voice/
羽衣的日常
西瓜糖の話
kaori in NY
El Caer Del Angel
旅のココロ・夢のキオク
チビQ☆VQ1015 entry
チーが行く
お芝居の話★
お部屋が出来るまで
UNKS
New@Column
西瓜糖
最新のコメント
がんばれ!第一歩を踏み出..
by Dファン at 11:29
楽しみです❗
by りお at 18:56
お疲れさまです。 みつ..
by りお at 15:01
俺らの悲しみに比べたら、..
by しょーいちろー at 07:59
お気に入りブログ
羽衣★風便り
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
感想感想感想・・・BY 秋之桜子&山像かおり
f0016783_2084079.jpg
デジアワはいろんなことを教えてくれた気がします

そして思ったのは、
演劇と映像との違い
こんなに違いがあるとは思わなかった

一番はライブ感
舞台はやっぱり生の匂いがあって
そこで出される芝居以外のものも
すべて、お客さんは感じる事が出来る
たとえば役者の汗
ちょっと癖のある手の動き
ぶさいくにゆがむ顔
ちょっとしたアクシデント
毎日変わる役者の体調
そして、役者たちの戦い
そういう
『脚本で書かれている以外のこと』
これが舞台を面白くする
また、それが出ない舞台は
どんなにいい脚本でも成功しない
書かれた物語以上の力を発揮する
そこには確かに役者
たとえば、『山像かおり』が存在する
役者はそうして
日々、さらしものになるけど
でも、すごいライブを見せれば
劇場全体の空気に反映され
そこにいるお客様はその熱にやられ
劇場全体が一つになる
ある日ある時の『お祭り』だ
こんなに沢山の人と想いを
共有出来る場所はない
羽衣1011ではその瞬間をずっとずっと目指し続けてる)

だけど
映画はそうじゃない
たぶん劇場全体が一つにはならない
だって見る人は
役者のうんぬんかんぬんみたいな
汗みたいな
余分なものをみたいんじゃない
作品をみたいんだ
その監督が作った世界を体中で感じたい
そして、それは、とても個人的なもの
その劇場全体で感じるものではなく
なんていうか
ごくごく、個人的なもの
自分の心で感じ
自分の心で否定する
とても個人的な想いをしたくて来る
それは時にデートとして
恋人と手をつなぐ手段として
それだって出来るのは映画館だから
暗くて静かで・・・
そこで、みな、個人的に
マスターベーションをする
それが映画
まさしく、夢の世界
夢を見られる
見せられる
神様以外、これを出来るのは
映画しかない
そして、それを作るのは
役者ではなく
監督だ。
役者はただの素材
そしてもっとも必要なのは
オリジナリティあふれる脚本
脚本と監督がいい画をつくり
それが神となり
人のココロに強烈に何かを刻む

私は書き手として
Iori Apartmentに加入させてもらったけれど
そういうところを見据えて
演劇とは違う映像作品を書きたい
でも、絶対に私しかかけないものを
オリジナリティをもって
誰かと似てるねってものは絶対に書かない

BY 秋之桜子

f0016783_209878.jpg桜、散りそうだけど
寒いから、持つかな?
KAORIだよ。

桜子さんはそうとうおもうとこ
あったみたい(笑)
いつになく 熱いもん
そうだね~。
映画と演劇、全然違うとこにあるかも
私は吹き替えという仕事がら
ホントに映画は沢山みてて
信じられないほどひどい映画も(笑)
秀作も大作も
でも
自分本人が
映画の中に入ったのは
初めてだったから
なんていうのかなぁ
画面の向こう側から
客席を見た感じがした。
同じ映像でもTVとは
全然違う感覚だった

んでね、オイラは、ちょっと考えてる
今回「笑い」でIori Apartmentは出したわけだけど
映画館で、笑える日本人って少なくないかな?
ってか、笑ってる日本人って少なくない??
ちょっと、考えてみて
どんな、面白いコメディでも笑ってる人少ないよ
私はよく、一人で、映画館で笑ってる
だって、誰も笑わないんだもん
へんだよね
笑いすぎたら「シッ」って言われたことある
なんでだよ!!
ココロひらけよ~日本人!!
って思ったけど
アホみたいな映画でも
みんな、しーーーんとしてる
何故だ?
なんでやねん??
アメリカ人とかすごいよ
みんな、しゃべりながらみてるもん
アホかっていうくらい(笑)
コメディじゃなくても
「オーまいがー」とか「シット」とか言いつつ
爆笑して、手たたいてみてる。
こいつら、笑わすのは簡単だけど
日本に観客笑わすのって、至難の業だ。

『映画』でね。

コント的なところなら、笑うのかな?
ある意味、そこを狙った人が多かったよね
今回の『笑い』部門
映画じゃなくてコント

でも
純然とした『映画』的な作品で
笑いを表現したIori Apartmentチーム
それに出演できたこと
それにより、つながりができたこと
私は誇りに想う

600秒で考えてほしいのは
審査員の人もちょっと、いっていたけど
「映画を選ぶのか、企画を選ぶのか?」ってこと
「私は映画を選んだらいいんですか?それとも?」
って、その人は言ってたな。
観に来てくれた友人達もそこを言ってた
『見る基準が違うものが多い』
映画の祭典なのか
ある、個人的な才能を選びたいのか
一発芸でも、いいのか
TV的なもの
バラエティ的なものを優先するのか
それよりも
地味だけれど、映画を作る
海外的にも送れるような・・・
その才能を選ぶのか
なんか、そこがとても中途半端な気がした

なんでもオッケー寄せ集めオッケーっていうのって
一番簡単で、なんか、一番底が浅くなる
それが今の日本が世界に通じるもの作れてない原点なきがして

でも、もちろん
そういうことすべて、ねじ伏せられる作品を作ればいいのかな
それを作れたら、きっと、そこで、何もかもが払拭されるのかもね

KAORI

是非、ランキング・ボタンをポチリとお願いします(タダですよぅ)↓↓
《人気blogランキング》 ←こちら
にほんブログ村 演劇ブログへ ←こちら

ありがとうございます。ものすご~く!!励みになります<(_ _)>ペコ
お詫び・・・迷惑コメントが急激に沢山つき始めて・・・対処できず、泣く泣くコメント欄を閉じています。MIXIに入っていらっしゃる方はそちらにコメントを!(山像で検索して下さい)<(_ _)>
入ってらっしゃらない方は 羽衣HPのBBSにまたはhagoromo1011@yc.pupu.jpまで。KAORI

[PR]
by hagoromo-1011 | 2008-03-31 20:15 | Voice/Voice/Voice/ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kaoriokaki.exblog.jp/tb/7764548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 渡辺美佐と園崎末恵ちゃんと・・... デジアワ終わったよぅ~~★★ >>
かおり★おかき『エル・カエル・デル・アンヘル』
skin by LULi SAITO ARTWORKS